初心者がわからないポイント-長襦袢-

こんにちは、アトリエ しろ∞くろのRuiです。

着付けの教室も通い始めて一ヶ月半、やっと長襦袢まで終わりました・・・^^;
自己流でやっていた部分が本格的に習うことで少しずつですが、改善されてきたように思います。

それでも、まだまだ「あれ??」ということも多くて、四苦八苦しております。

初心者がわからないポイントの一つが長襦袢という存在。

長襦袢ってどういう役割?

では、長襦袢ってどういう役割があるんでしょう??

調べてみると、長襦袢は肌着というよりも半襟をつけたり、
袖から少しだけ見せるオシャレ要素が強いんだそうです。

長襦袢を着ることで、着物の土台をしっかりと作れるので
綺麗なラインが出たり、着崩れしにくくなります。

インナー(肌着)として汗を吸ってくれる役割は
長襦袢の下に着る肌襦袢とか、裾除けが果たしてくれるようです。

長襦袢にもいろいろある

教室で長襦袢を使う当日に、町の着物店で購入しようと思ったのですが
長襦袢にもいろいろと種類があるようで・・・
予想に反してすごく困りました^^;

洋服のように決まり切ったサイズを買えばいい、というものでもないようです。

最近では「二部式」という、上下に分かれた長襦袢が人気のようで、
それはどこにも置いてあったのですが、練習用の長〜い長襦袢がなかなか売っておらず・・・

というか、1万円以上するものばかりで練習用にはもったいなくて・・・

通常は着物に合わせてオーダーするのが基本のようです。

基本はマイサイズ

初心者がわからないポイント-長襦袢-

というのも、着物や着る人によって裄丈や袖丈が違ってくるので
合わせる着物に合わせて作らないと、重ねて着たときに袖から襦袢がだらっと出てしまったりするようで。

基本的に「マイサイズ」で作るのがベストなようです。

もちろん、既製品もありますが身丈は簡単に調節可能ですが、
裄丈や袖丈は気をつけて選ばないと失敗するポイントのようです。

私はどうしてもその日に欲しかったので、
何軒目かに立ち寄ったリサイクル着物屋さんで化繊のものを購入。
私には裄丈が短いのですが、練習用なのでお安く買えてよかったです^^

補正+長襦袢でキレイに

初心者がわからないポイント-長襦袢-

何時間かかけて長襦袢の着せ方を習得^^;
しっかり補正もしてあるので、これだけでもキレイですよね。

長襦袢の時点で衿をきれいに合わせて固定しておくと
着物を重ねたときの仕上がりがきれいです^^

子供用の長襦袢

初心者がわからないポイント-長襦袢-

と、いろいろと書いてきましたが
七五三など、お子様に着物を着せるときは大人のように

補正も長襦袢もバッチリ!

ということは難しいので、モデルちゃんの撮影のときにはだいぶ端折っています。

使う襦袢も上の写真のように袖がなかったり。
下着もシャツとゆったりした半ズボンのようなものを着て来てもらっています。

初心者がわからないポイント-長襦袢-

モデルちゃんにご協力いただきながら、日々改善中。
うまくいかなかったポイントが多々あるので、
もっと練習したいと思います〜^^;

アトリエ しろ∞くろのLINE@が出来ました。ご予約やお問い合わせはこちらからも受付しております。以下のQRコード、友達追加ボタン、または”アトリエ しろくろ”で検索してください。

LINE@QRコード

友だち追加

本日も当サイトにお越しいただき、大変ありがとうございました。

オンリーワンな柄が魅力のビンテージ着物

こんにちは、アトリエ しろ∞くろのRuiです。

最近個人的に始めたのがビンテージ着物コレクション(^-^)
主に子供用を集めています。
きれいな色柄が可愛くって気分が上がります〜。

子供用のリサイクル着物は一般的に流通している数が少ないので、オークションなどで入手。

リサイクル着物ショップなどには七五三の時期前の9月くらいから入荷し始めるようです。

同じ柄で人とかぶる可能性が低いので、リサイクル着物を探しての七五三も素敵です(*^_^*)
リサイクルが気にならない方にはオススメです。

オンリーワンな柄が魅力のビンテージ着物

入手した着物をこうやって試し撮りするのが楽しみなんです。
スタジオの使い方を考えるのにも役立ちます。
どう撮ったらかわいいか、日々研究。

頑張って帯を結んだので、後ろからも一枚。

オンリーワンな柄が魅力のビンテージ着物

花びらを散らしての撮影。
下の娘がアシスタントしてくれました(^-^)

もうせんを敷かないのは邪道かもしれませんが、ナチュラルでかわいいですよ。

オンリーワンな柄が魅力のビンテージ着物

近過ぎですか??

でも、こういうショット、好きなんですよね〜(*^_^*)
いい表情をしてくれました!

晴れた日にはスタジオの窓がいい仕事してくれて、明るくキレイ。
素敵に撮れて、嬉しいなぁ〜。

練習の甲斐あってか、着付けもスピーディーになってきました!
この調子で頑張ります。

アトリエ しろ∞くろのLINE@が出来ました。ご予約やお問い合わせはこちらからも受付しております。以下のQRコード、友達追加ボタン、または”アトリエ しろくろ”で検索してください。

LINE@QRコード

友だち追加

本日も当サイトにお越しいただき、大変ありがとうございました。

全ては基礎が大事!着物のラインは補正から

こんにちは、アトリエ しろ∞くろのRuiです。

時々書いている着物練習記。

最近やっと着付け教室に通い始めました。
知り合いの美容師さんに教えて貰った教室なのですが、
美容師さんが行く着付け教室だけあって、何もかも本格的でした^^;

めちゃめちゃ人見知りな私はおっかなびっくり・・・

「みなさん2コマずつくらい受講されますよ」

とのことだったので、私も2コマ(4時間)受講してきました。

初めての講座は着物を着つける前の「補正」から。

全ては基礎が大事!着物のラインは補正から

フォトジェニックな写真でなくて申し訳ないのですが、こんな感じで着物に適した体型を作っていきます。

「へ〜!」

って感じです。

よくウェディングの撮影に入ると着付け師さんが手際よく補正をしています。
ガーゼと綿を使って花嫁衣装に最適なラインを作っていくんです。

よくわからずにいつも「すごいな〜」って思ってましたが
仕組みがわかると余計に「なるほど」という感じです。

全ては基礎が大事!着物のラインは補正から

花嫁様の打掛の下はこんなに可愛い帯結び^^

新郎新婦様に加え、参列の方の着付けをスピーディーにこなす姿は圧巻ですよ。

補正をすることに対してはネットを見てみるといろんな意見があるようですが、
私は「キレイに見えるならいいじゃない?」って思います。

せっかくのハレの日にしわしわの着物姿じゃ寂しいですものね。

それに、補正をすることでグっと着崩れしにくくなります。

曲線の身体に平面な着物と帯を合わせるんですから、
土台が不安定だと着崩れして当然。

それを補うのが「補正」なのです。

というわけで
着付け教室初日の4時間、補正を練習してきたのでした。

アトリエ しろ∞くろのLINE@が出来ました。ご予約やお問い合わせはこちらからも受付しております。以下のQRコード、友達追加ボタン、または”アトリエ しろくろ”で検索してください。

LINE@QRコード

友だち追加

卒・入学におすすめなお得なキャンペーンはこちらから。
詳しくはページをごらんください。

→ 卒園・卒業 入園・入学 撮影キャンペーン

卒園・卒業 入園・入学 撮影キャンペーン

本日も当サイトにお越しいただき、大変ありがとうございました。

私が着物を習いたいと思ったわけ

こんにちは、アトリエ しろ∞くろのRuiです。

少しずつ書きたいな、と思っている着物記事。
今日はそもそもの理由を書きたいな、と思います。

きっかけは失敗?トラウマ??

そもそも、私が着物の知識が必要だ!と強く感じたのは
和装の挙式撮影のお仕事を初めていただいた時でした。

その時は大御所風の着付け師さんの方が一緒で
「そんなこともわからないの?」といった雰囲気に
冷や汗がタラタラになりそうになりながら撮影を進めました。

なんとかその日の撮影を無事に終え、
後日、花嫁様からはお礼の言葉をいただいたのですが、
二度とそんな思いはしたくないと思って和婚の写真研究を重ねています。

着物の知識はいろいろに役立ちそう

通常の着物撮影ももちろんそうですが、和装の結婚式の撮影には
着物の知識があったほうが断然有利です。

これはいろいろな神社さんでの撮影をご依頼頂くようになって
もっと強く感じることです。

花嫁様のお支度を見ていても、あとどのくらいの工程で仕上がるのか、
着物がどう見えたら綺麗なのか、その逆に変なのかがわかると
綺麗に見えるのはもちろん、撮影をスムーズに進めることができるからです。

出張撮影では着崩れが出ることも…

20151030-2

七五三の撮影では、着物のままこんな風に飛んだり跳ねたりすることも…💦

帯の下に巻いたしごきという布がはずれたり、
背中の帯が下がることもあります。

外で撮影する出張カメラマンだからこそ
そんな時には自分で対処できるようになりたいとおもっています。

もっと可愛く、オシャレに…
アトリエ しろ∞くろでよかった!と言われるようなサービスを
お客様に提供したいと思ってます^^

半年間グズグズしてましたが…

知り合いの美容師さんから教室を紹介してもらってから半年くらい踏み切れませんでしたが、やっと行動に移すことができました。
思った以上に本格的な内容に少々戸惑ってますが…💦

はてさて、修了まで行き着けるでしょうか…💦

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

突然ですが、着物の練習始めました!

こんにちは、アトリエ しろ∞くろのRuiです。

先日のブログ内でもちょこっと書きましたが、
きもの着付けの教室に本格的に通い始めました^^

せっかくなので、練習を進めていくうちに気づいたことなど
ブログにも投稿していこうと思います。

そもそも、なぜフォトグラファーの私が着付けを習いに行きたいと思ったのか・・・

・挙式撮影の和装撮影に役立つ
・娘に着物を着せて写真を撮りたい
・ついでに自分も着れたらいいな〜
・将来的には七五三撮影の時に着付けできたらいいんじゃ無い?

こんな気持ちからです。

そんなかる〜い気持ちだったのですが。

本やyoutubeをみればなんとなく着付けはできるようにはなるんですが
(今がその状態です)
まだまだ「う〜ん?」な状態。

これは、撮影現場などでいろいろな着物を目にするからかもしれません。

着付けの腕次第で写真映りも違ってきます。

これからちょいちょい着物関連の記事も書いていきたいと思います。
ゆる〜い気持ちで読んでいただけたら嬉しいです^^

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。